2022年8月9日

マッハ用、セル始動システム完成!

重たいキック始動の常識から解放されて、新しいマッハライフが始まりそうな予感! オーダーメイド製作により、KH,ssの250-750用のセル始動システムの製作を受付中です。 100万円より~(税込み、取り付け工賃込み) 特別仕様などご相談下さい。

2022年7月29日

8月はレースお休み、次回は10月2日JDスターゼロヨン、城里テストコースで走ります。H2マッハ、レーサー、ストリート車両など!

2022年7月17日

ゼンシン集合管、取り付け取り外し説明動画

ゼンシン集合管、取り付け取り外し説明動画を、取り付けセッテングページにアップロードしました。


H2用、セルモーター始動実験!

ゼンシンでは、長年実験を重ねてきたH2用のセルモーター始動システムが完成まで、あと少しです。 画像は実験用試作品、エンジン左側取り付けタイプ1型です。 他にも、エンジン右側取り付けタイプと、キックを取り外して取り付けるタイプの実験が密かに進んでいます。40代後半から足腰が弱り、キックでのエンジン始動が苦痛に感じる昨今において、セルモーターにより楽にエンジン始動できたら??? もっと新しい世界が見えてきそうな気がします。 販売予定価格、100万円(取付工賃込み)

 

2022年4月1日15日

混雑により、納期遅れ予報! 新規ご注文受付見合わせ、価格改定します。

現在、ご注文数が多いために混雑しています。 マフラー関係で、6-10カ月、車両持ち込みカスタム、修理、オーダーメイド車両販売関係のお取引は1年以上かかっています。 新規のご注文、お見積りは混雑が解消するまで少々受付を見合わせております。 また、急激な社会情勢の変化により、2022年4月15日より価格を改定します。 マニアックな商品と、そのサービスに最高のパフォーマンスを提供していくために、どうぞご理解いただけますようおねがいいたします。

2022も、最高峰プロクラスにエントリーします!

JDスター、国内最大級のバイクドラッグレース、ゼンシンマッハは、プロクラス チャンピオンシップに挑戦します!

2021年9月14日、新しいゼンシンのホームページです。

ITのプロが作ったホームページではありません。そのため、現実以上に商品をきれいに小細工した画像などを、アップロードする様なITの技術はありません。ありのままの情報を発信して行きたいと思います。 このホームページを見て買われた商品が、お客様のもとに届いたときには、ホームページの画像よりも輝いている商品をお届けしたいと思います。 カスタムバイクプロフェッショナル ゼンシン 代表者 豊島博昭。




お客様の車両紹介です!

茨城県、RZハイパーストレートチヤンバー!

シンプルにストレートEX、極太高出力設計チヤンバー!

(2021 JDスタードラッグレース ストリートETクラス シリーズチャンピオン車両)

四国、H1Bショットガンチャンバー!(レーシングチャンバー)

埼玉県、カスタムマッハ+ICBMシリンダー!

ゼンシンマッハ、お客様の車両です。今日は、埼玉県より、ご来店くださいました。 完成から数年たち、お客様自身でメンテと、バージョンアップしています。 井上ボーリングさんのICBMシリンダーにカーボンサイレンサーのチャンバーで、とても良い感じです。 既に2万キロ走行しています‼️


沖縄のマッハライダーさん!! 集合とチャンバー2台で走ったらいい音するでしょう! 複雑に音が絡み合って、気分が高揚しそうです。


都会に輝くエグリマッハ❗️ ゼンシンショットガンチャンバー

センタースタンドが使える特別仕様!

好き色!派手色! 気分高揚作戦!!!



H2エンジン、パワーアップ実験❗️

DRAGRACE用の新型リードバルブシステム付きシリンダーは、井上ボーリングさんのICBM技術を使ったブリッジポート仕様‼️ 



    お客様の車両紹介ページです。

画像をクリックすると拡大します‼

宮城県、750ss

神奈川県、KH250改350カスタム


茨城県、エグリマッハカスタム


神奈川県、H2スーパーショートイモ管!


前後ディスクのカスタムマッハ、三国キャブ
前後ディスクのカスタムマッハ、三国キャブ

タイヤ浮いていますね❗️スタート直後の緊迫感がいいですね❗️ ウイリーの写真ありがとうございます。 

神奈川県、マッハH2、ミクニVM34


東京都、ゴールドH2


栃木県、ワイドフレームのカスタムマッハ

埼玉県、500ssカスタム!!




H2エンジンパワーアップ実験‼️

これでもかとまでに、徹底的に同調を取っている点火時期⤴️ 理想的点火時期は、BTDC 22度の固定進角、シンプルなダイナS👍 

 

動画はこちら❗️

2021年10月24日の、日本自動車研究所での加速テスト(JDスタードラッグレース会場)

H2削り出し製作のヘッドを搭載します。

2022仕様は、より放熱性能が期待できる、削り出し製作のヘッドを搭載します。レース用は、Eプラグ仕様にして、よりプラグの選択幅を広くします。燃焼室形状も、これまでのデトネーション対策で培ったノウハウを注入した、スペシャルなオーダーメイドを考えています。JDスター、ドラッグレース2022シリーズが楽しみです。https://m.facebook.com/groups/120065341979726/permalink/928407587812160/